プロフィール

初めまして!
ヘルシーコーディネーター・オンライン講師アドバイザーの長尾麻央と申します。

ヨガと食事を軸として、
ヨガやボディメイク法を指導したり、
ヘルシー料理のレシピ開発や料理教室を開催したり、
これからオンラインで講師を始める方向けの講師として
サポートを行ったりしています。

元々は長年フィギュアスケートの選手として活動し、
海外試合にも出場。引退後は一般企業に就職しOLとして勤務していました。
どんな経緯を経て今の道に進んだのか、簡単に自己紹介をさせていただきます!


学生時代:フィギュアスケートに全てを捧げる

「キラキラした衣装を着て、氷の上でくるくると回ってみたい」
そんな憧れと興味から、小学校4年生の頃フィギュアスケートを
始めました。

選手としてそこそこの成績を残し、中学では初めての全国大会へ出場。
伸び盛りの高校時代では、片道2時間かけて都内から神奈川の練習場へと通い、
朝は始発で朝練へ、学校終わりにまた練習場へ戻り夜遅く帰宅する日々を送っていました。

ちょうどその頃、女性特有の体型変化に苦しみました。
スケートは魅せるスポーツ。スタイルも重要であるため、
ストイックに体重管理をしていました。しかしその結果、
食べたら吐き出す過食嘔吐、摂食障害に陥ってしまったのです。
(このことについてはまた別記事で綴りたいと思います)

正常に食べ物を摂取することができず、身も心もボロボロ。
大学在学中に一時スケートからも離れ、体調を戻ることに専念しました。

1年間の休養を経た後もスケートが恋しい気持ちは消えることなく、
リハビリがてら滑りに行くと、ふとしたきっかけでスケートの団体競技
「シンクロナイズトスケーティング」のチームメンバーにお誘いいただき
再び競技生活へと戻れることに。

症状は完治していなかったものの、摂食障害と付き合いながら
トレーニングを重ね試合に出場。チームは見事全日本選手権で優勝し、
日本代表チームとして世界選手権へ出場することができました。

それを最後にスケートも引退。
就職活動をして一般企業への就職が決まりました。

就職:葛藤する日々

新卒でメーカーに就職。
社員に優しく、大手で安定していたため長く働くには申し分ない環境でした。
しかし、自分の頑張りが結果に反映される個人スポーツ生活が長かった分、
大きな会社のもといくらでも代わりが効く事務職という働き方に
消化しきれないモヤモヤを抱えていました。

そのモヤモヤが日に日に拡大し、摂食障害も再び悪化。
悪循環を断ち切るべく、思い切って転職活動を開始。
興味があったIT企業の新規営業へと転職を決めました。

転職後はITベンチャー企業でWEBマーケティングのコンサルティング営業を担当。
ベンチャーということもあり大手とは違った勢いや働き方、価値観があり、
刺激的な毎日。自分の行動が分かりやすく成果に直結する環境だったため、
スポーツと似た感覚を感じ、とても濃い日々を過ごしました。

楽しさを感じる一方で、体力も必要とされる職場。
どのような働き方をしていきたいのか考えさせられるきっかけともなり、
「自分の好きなこと×経験を伝えていく仕事がしたい」と思いに行き着くように。

振り返ると、ダイエット・食事・体型変化をきっかけとして
摂食障害で苦しんだことが自分にとってとても大きな出来事でした。
身体の内側・外側から指導できるようになりたいと、ヨガと食事の資格を取得。
同じように苦しむ人を救いたい、健康な人を増やして多くの人の笑顔が見たい、
そんな思いから現在は「ヘルシーコーディネーター」として活動しています。

現在:フリーランス1年目
資格取得完了前に退職していたため、初年度からフリーランスとして働くことに。
かなりのチャレンジングであったわけですが、資格取得後いよいよ始まるぞーという
タイミングで新型ウイルスで自粛に。

絶望的状況からのスタートでしたが、即オンラインでヨガレッスンを展開。
あれよあれよと口コミが広がり、なんと開講3週間にして某スキルシェアサイトにおいて
5万講座中人気ランキング3位となったのです。

その後、食事においてもコンテストで優勝。
ヘルシーコーディネーターとして企業案件や講演登壇、
また年間新人講師賞も受賞しました。

現在はフリーランスの方向けに、そのスキルや講師として軌道に乗せるまでのサポートをする講師としても活躍中。